仕事術

コーヒを飲むことで集中力が高まる!具体的な方法を解説

こんにちは!かりやです。

皆さんコーヒーを飲むと目が覚めて

「仕事」や「勉強」するさいの集中力が上がるって聞いたことありませんか?

 

実はこの話本当なんです

「コーヒーを飲むことで集中力だけでなく、やる気も上がることが科学的に判明してるんですね」

この記事をオススメしたい人
  • なぜコーヒーで集中力が上がるのか知りたい
  • 具体的にどのようにコーヒーを飲めばいいのか知りたい

それでは具体的になぜコーヒーで集中力とやる気が上がるのか?紹介してきます

 

コーヒーを飲むとなぜ集中力が上がるのか?

理由としては2つ大事なポイントがあります。

  1. コーヒーに含まれる「カフェイン」と
  2. 脳内にある「アデノシン」と呼ばれる物質について

 

脳内にあるアデノシンとカフェインが重要!

アデノシンについて

アデノシンとは人間が活動していれば勝手に分泌されています。

アデノシンの役割はアデノシン受容体と結合することで、発揮されるのですが、その効果が

  • 眠くなる
  • リラックスする
  • 興奮作用を抑える

このような、仕事や勉強などに必要な効果とは逆の作用があります。

 

そこで大事なのが「カフェイン」

カフェインについて

カフェインの最大の特徴は「アデノシンと形が似ていること!」

アデノシンと形が似ているので、アデノシン受容体にすっぽりとハマることができるんです。

 

それではカフェインがアデノシン受容体にハマってしまうと、どのようなことが起こるのでしょう

  1. 眠気が抑えられる
  2. ドーパミンやグルタミン酸の活動が活発になる

 

なんとなくなぜコーヒーで集中力が上がるのか見えてきましたね。

 

これをまとめると

コーヒーを飲む、カフェインが本来眠気やリラックスといった活動を担当している、アデノシンの活動を抑え

逆に、「ドーパミン」や「グルタミン酸」などのやる気やモチベーションを引き起こす。

ドーパミンは「やる気、意欲、学習、動機をUPさせる」

グルタミン酸は「興奮作用、脳機能の活性化など記憶力や学習能力を高める」

 

眠くなくなって、意欲的に仕事や勉強に取り組むことができればそりゃ「集中力マシマシでっせ」

 

コーヒー以外で午後の集中力を高めたい人はこちらの記事がオススメ

午後に集中できない人にオススメの改善方法と、集中力が下がる原因4選 これは私の近々の問題でした、やる気だけで集中力を取り戻すことはできず、どうすれば良いのかと頭を悩ませていました。 みなさんも仕...

コーヒーで集中力を上げる具体的な飲み方について

コーヒーを飲むと「覚醒作用」起こります。

これは先ほど説明した、集中力などの効果にあたるのですが

 

人間が起きてから3時間ぐらいは、カフェインを摂取しなくても覚醒作用が働いているんですね。

朝が一番集中できるといわれている要因の一つです。

 

これを利用して、人間の覚醒作用が収まってきたら「カフェインに頼る」ことが大事!

オススメは11~14時の間に飲む

これの理由は、朝はコーヒーに頼らなくても集中できますよね

ですが、お昼ごろには集中力が下がってくるのを感じませんか?

それは覚醒作用や、「やる気と関わりのあるストレスホルモン」の分泌が下がってくるからです。

 

朝に集中力が上がって、そろそろ集中力が下がりそうだと思う、20分前に飲むのがオススメ!!

 

逆に健康に悪いコーヒーの飲み方もあるので紹介します。

NGなコーヒーの飲み方

これは生活リズムにも影響がありますが

  1. 朝起きた直後にコーヒーやカフェインを摂取すること
  2. 寝る前の8時間前にコーヒーやカフェインを摂取している
  3. 一日に5杯以上コーヒーを飲む

 

この3つのことに注意してください。

朝は先ほど紹介したように、人間本来の覚醒作用で十分であることと、胃が空っぽの状態なので刺激が強すぎることがあげられます。

 

寝る前に飲むとアデノシンによる、「リラックス効果」「睡眠導入効果」が得られなくなります。

カフェインは8時間以上アデノシン受容体に居座るので、寝る前に飲むとそうとう、睡眠の質が下がるので注意!

 

最後の飲みすぎ注意ですが、これはアデノシン受容体を完全に占拠してしまうと、ストレスホルモンが分泌されすぎてしまい、結果的に体の疲れがとれず、イライラした状態になってしまうからです。

 

カフェインの適正摂取量について

ではどのぐらいのカフェインの量なら大丈夫なのか?

コーヒーは約150mL当たり、80mgのカフェインが含んであります。

 

体格にもよりますが、欧州が定めている摂取量は成人で1日に400mgなので

150mLのコーヒーなら5杯まで飲んで大丈夫な計算になります。

 

個人的に2~3杯が日本人はちょうどいいのかなぁ~と思ってます。(個人的にです)

コーヒーで集中力が上げる方法「まとめ」

適切なタイミングでコーヒーを飲むことで

  • 集中力
  • やる気
  • 学習能力の向上
  • 眠気覚まし

など仕事や勉強で最大限の効果を発揮してくれます!

 

それはアデノシンと呼ばれる「興奮抑制」効果をカフェインが、邪魔して逆に「ドーパミン」などを活性化させるから。

 

飲む時間や量をコントロールすることで、一日のパフォーマンスを落とすことなく、仕事や勉強に取り組めると思いますので、ぜひコーヒーで集中力をUPさせてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 
Amazonでお得にショッピングする方法! Amazonギフト券のチャージタイプを使うことで、Amazonショッピングがお得に買い物できるんです!
  • コンビニ
  • ATM
  • ネットバンキング
このいずれかの方法で「現金チャージ」を利用することで、チャージした金額に応じてポイントが入手できます。

「普通にお買い物するようお得!」

チャージ額通常会員プライム会員
5000円〜0.5%1.0%
20000円1.0%1.5%
40000円1.5%2.0%
90000円2.0%2.5%
通常会員より、プライム会員になると「配送料無料+ポイントがUP」
最大で2.5%分のポイントがもらえる!
今だけ!
プライム会員の方にかぎり、1000円分のポイントが貰えます!
Amazonプライム会員はこちら Amazonギフト券の購入はこちら