ライフスタイル

コーヒーが体に悪いってホントなの?

コーヒーが体に悪いという人もいれば

コーヒーは体に悪いどころか、健康に良い!という人もいます。

 

そこで今回はコーヒーの成分を調べて分かった事をもとに、コーヒーがホントに体に悪いのか紹介していきます。

 

先に結論を申しますと、「用法用量を知らないと、毒にも薬にもなる」という結果でした

飲み方でコーヒーが体に悪い影響を与える

最初に科学的に体に悪いとされている、コーヒーの飲み方について紹介します。

もちろん個人の好きに飲むのが、いけないと言っているわけではありません。

悪い飲み方その1、「寝る前に飲む」

「寝る前のコーヒーが体に悪い」

これは有名な話ですね

コーヒーに含まれるカフェインが、睡眠やリラックスを誘発する物質をブロックしてしまい

結果的に「眠りにくい」「睡眠の質が下がる」といった悪影響がでてしまう

 

だいたい寝る前の8時間前を目明日に、飲むのを控えたほうが良いとされていますが、なるべく早い段階で飲むのを控えたほうが、確実にカフェインの影響を抑えることができます。

悪い飲み方その2、「朝一番のコーヒー」

朝一番のコーヒーが体に悪い理由は2つ

  1. コルチゾールの抑制
  2. ポリフェノールによる、胃液の分泌

 

朝起きて30~60分ほどはコルチゾールが体内から分泌されます。

役割としては「目覚める」「血糖値を上げる」といった、ホルモンなんですが、カフェインを最初に摂取すると、コルチゾールが抑制されるので、気持ちよく朝を迎えることができなくなる。

 

2つめのポリフェノールは、空腹の状態で摂取すると胃液の分泌を促進してしまい、結果「胃もたれ」「腹痛」などの原因に

 

起床後3時間ぐらい空けて飲むのがオススメ

悪い飲み方その3、「砂糖を入れて飲む」

コーヒーに砂糖やミルクを入れることの全てを否定はしませんが、カロリーを抑えたいのならブラックがオススメ

 

コーヒーは飲むと痩せやすくもなる、飲料ですが

ここにスティックシュガー1本入れるだけで、11キロカロリープラスされることになります。

普段からコーヒーに砂糖を入れている人が、一日5杯飲んだとしたら55キロカロリ-を飲み物から余分に摂取していることになるので、太りやすくなる。

 

砂糖を入れることが当たり前すぎて、カロリーを忘れてしまうことが一番危険!

悪い飲み方その4、「自分の体重に合った量を飲めていない」

 欧州食品安全機構(EFSA)が、健康な成人が摂取しても安全とみなしたカフェインの量
安全とみなされる量体重40kgの人なら体重60kgの人なら体重80kgの人なら
成人:1回に3mg/kgまで1回120mgまで1回180mgまで1回240mgまで
成人:1日に5.7mg/kgまで1日228mgまで1日342mgまで1日456mgまで
小児~青年:1日に3mg/kgまで1日120mgまで1日180mgまで1日240mgまで
妊婦・授乳婦:1日200mgまで

参考文献:EFSA explains risk assessment. Caffeine

これを目安に、

コーヒーの150mgのカフェイン量が約80gなので、これをもとに体重60kgの人なら4杯がちょうど健康に良いとされている数値ですね

 

これ以上を摂取すると、カフェイン中毒になる確率が上がるので気を付けましょう。

 

ではコーヒーの健康的メリットについて紹介していきます。

コーヒーを飲むメリット

メリット1「集中力UP」

こちらにて詳しくは解説しています

コーヒを飲むことで集中力が高まる!具体的な方法を解説 皆さんコーヒーを飲むと目が覚めて 「仕事」や「勉強」するさいの集中力が上がるって聞いたことありませんか? 実...

 

カフェインの作用で

  • 眠くなくなる
  • ドーパミンがでる

といった作用のおかげ集中がUPします

勉強や仕事の前にコーヒーを飲むと良いこといっぱい!

メリット2「ダイエット効果」

ダイエット効果についてはこちらに詳しく紹介してあります

コーヒーのダイエット効果「やり方は簡単!」〇〇の前に飲むだけでOKコーヒーにダイエット効果があるのって実はあんまり知られていませんよね ですが、コーヒーに含まれる2つの成分がダイエットに優れた効果...

 

カフェインとポリフェノールがダイエットに非常にマッチしているんですね

脂肪をつきにくくして、燃焼してくれる効果に期待!

メリット3「学習効率UP」

こちらはカフェインを摂取することで、「グルタミン酸」の動きが活性化することで、脳機能が活性化して

  • 記憶力
  • 学習能力

この2つを高めてくれる効果がある!

[結論]コーヒーは体に悪いのか??

最初に用法用量を守れば、「毒にも薬にもなる」

という結論ですね

 

仕事、勉強、ダイエット様々場面で、能力をUPさせてくれるコーヒーですが

朝一番や、寝る前、過剰摂取は確実に体に良くないので、しっかりとコントロールして飲むことが大事!

 
Amazonでお得にショッピングする方法! Amazonギフト券のチャージタイプを使うことで、Amazonショッピングがお得に買い物できるんです!
  • コンビニ
  • ATM
  • ネットバンキング
このいずれかの方法で「現金チャージ」を利用することで、チャージした金額に応じてポイントが入手できます。

「普通にお買い物するようお得!」

チャージ額通常会員プライム会員
5000円〜0.5%1.0%
20000円1.0%1.5%
40000円1.5%2.0%
90000円2.0%2.5%
通常会員より、プライム会員になると「配送料無料+ポイントがUP」
最大で2.5%分のポイントがもらえる!
今だけ!
プライム会員の方にかぎり、1000円分のポイントが貰えます!
Amazonプライム会員はこちら Amazonギフト券の購入はこちら