MENU
ニキビ

ニキビはお風呂で治せる!?「正しい入浴方法」と「NG!な入浴方法」について

私は中学一年生から高校三年生までニキビに悩んでいた経験があります。

ニキビを気にしすぎるあまりに、同級生との会話や異性とのコミュニケーションをとるときに、その人に「気持ち悪い」と思われていないだろうかと、考えてしまい毎日がストレスでした。

そんな私ですが今ではかなりニキビが無くなり、恐れていたニキビ跡もありません!

この記事では

10年間ニキビに悩まされていた私が、日々の生活の単純な所を見直しただけで、ニキビが治った方法をお伝えします。(主にニキビとお風呂の関係について)

そもそもニキビが出来る状態とは?

 

具体的に肌がどのような状態でニキビができるのかご存じでしょうか?

ものすごく簡単に説明すると

「肌の異常により、免疫機能が過剰に反応してしまっている状態。」

なぜこの状態になるのか?いろいろな理由があげられますね

  • 皮脂の過剰分泌
  • ターンオーバーの乱れ
  • 肌が乾燥しているから
  • ニキビ菌が増えすぎている

これらはニキビが出来るかもしれない原因の一つです。

ニキビを治したい人の間違ったマインド

ニキビを一刻も早く治したい気持ちは、私自身よく理解しています。

ですが、その焦りがニキビを治すのではなく、より出来やすくしてしまう原因になることがあります。

そんな間違った考え方がこちら

  • 皮脂の過剰分泌だから←「皮脂が悪い!」
  • 肌が乾燥しているから←「高級な美容液を使えば治る!」
  • 菌が増えすぎがいけないなら←「殺菌してしまえばいい!」
  • 毛穴の奥まで洗うために←「肌をゴシゴシ洗う」

このような偏った勘違いをやめてください。

ニキビの原因は人それぞれです、これをすれば絶対に治る!なんて方法があれば、ニキビに悩んでいる人はこんなに多くありません。

まずは

皮脂が悪いのではなく、過剰に分泌する要員を作ってしまてる状態がまずいのです。

なので、皮脂が過剰に分泌していしまう要員を探すことが大事だという考えを持ちましょう。

 

ニキビが出来るメカニズムとは?

体の内側が原因で出来るニキビについて

肌が異常事態とはどういことなのか紹介します。

顔の皮膚の内側には、血管が流れていますよね

通常だと血管から栄養素が届きます

 

ですが極端な例を出すと、ジャンクフードなどを食べすぎると血管から肌に毒素が流れてきてしまいます。

 

この毒素が肌にくると、免疫が悪さしないように退治しようとします、この時に免疫が頑張りすぎて「内側から肌を傷つけてしまい、皮脂が過剰に分泌されニキビができてしまいます。」

 

もちろん内側だけでなく、皮膚の外側でダメージを受けすぎると同様に「異常事態が発生します。」

体の外側が原因で出来るニキビについて

外的要因でニキビが出来るのは、皮脂が過剰に分泌されて毛穴に詰まり皮脂が毛穴に詰まることで、菌が大量に繁殖してしまい、繁殖した菌をやっつけるために免疫機能が頑張りすぎることで出来てしまいます。

 

<簡単にニキビが出来る手順の紹介>

  1. 何らかの要員で皮脂が過剰に分泌される
  2. 毛穴に皮脂が詰まると、無酸素状態になる
  3. 無酸素状態だと、ニキビの原因の菌が大量に繁殖する
  4. 増えすぎた菌を、倒すために免疫機能が働きすぎる
  5. 働きすぎた免疫機能は、ニキビという形として顕てしまう・・・

 

ニキビ対策に大切なことは、一番最初の

  • 「何らかの要因で皮脂が過剰に分泌され無いようにすること」
  • 「毛穴を皮脂や外部の影響で塞がないこと」

この2つが求められます。

 

これらの原因は人それぞれ違います。まずは原因を突き止め、改善していくことが大切!

具体的なニキビができる原因

食事が原因でニキビができる

食事が原因でニキビができるパターンは2つ

  1. ジャンクフードなどのニキビに良くない食事
  2. 食べすぎによる消化不良

 

ジャンクフードなどは言わずもがな、脂っこい食品は消化に負荷がかり、体内で毒素が発生してしまいます。

また食べすぎにより、消化が不足してしまっても毒素が発生します。

これらの毒素は体内で炎症の原因になり、皮膚にダメージを与え結果的にニキビの原因となります。

睡眠不足が原因でニキビができる

睡眠が美容に大事!というのは周知のことだと思います。

人の体は寝ている間に、日中のダメージを修復し傷ついた細胞や体内で炎症を起こしている部分をメンテナンスしているのです。

体のメンテナンスである、睡眠が不足すると体内の炎症が悪化しニキビができやすい状態になってしまいます。

また皮膚を新しく保つ、ターンオーバーは睡眠不足でも乱れます

<ターンオーバーが乱れることで>

未成熟な皮膚が表面に来てしまい、外からのダメージにもろくなり結果としてニキビの原因となってしまいます。

肌の乾燥が原因でニキビができる

食事や睡眠などは、体内の炎症によりニキビができやすいですが

肌が乾燥していると、今度は外からのダメージによりニキビができやすい状態になってしまいます。

 

肌が乾燥しているということは、皮膚のバリア機能が低下しているということであり、ほこりや紫外線などの外的要因によるニキビを生み出してしまいます。

また肌が乾燥するというのは、足のかかとが乾燥するのと同じように、皮膚を硬くし

硬くなった皮膚は、ニキビ菌が発生しやす状態になりやすいです。

 

ストレスが原因でニキビができる

ストレスはなによりも気を付けなければなりません。

なぜなら、ストレスを感じていると体内で炎症を起こす物質が発生してしまうのです。

これまで体内の炎症がニキビの原因になることを紹介してきましたが、ただストレスを感じるだけで体内で炎症が起きてしまうのだからかなり危険!!

 

  • 新しく学年が変わる
  • 社会人一年目
  • 部署の移動

などこれらのタイミングでニキビできてしまう・・・なんてことはよくある話です。

ニキビで悩んでいる人は、その悩みすらストレスになってしまいます。

 

ニキビを改善する方法

皮膚科で薬を処方してもらう

ニキビは病気であり、治すのには1年はかかる症状です。

信頼できる皮膚科を受信して、ニキビがいつできてたのかを伝え、薬を処方してもらいましょう。

 

皮膚科の薬は副作用で、肌が荒れてしまいますが3か月間は試してみましょう。

3か月試してみて、効果がない場合はもう一度、皮膚科で効果がなかったことを伝えて、違う薬を処方してもらいましょう。

皮膚科では最初に処方される薬は、ニキビ菌を減らす薬を処方されますが、人によってはニキビ菌が薬に対して抗体のようなものを身に着けてしまっている場合があります。

ですので3か月試してダメだったら、違う方法でニキビを治す薬を処方してもらいましょう。

 

市販で買える薬を試してみる

市販で薬を買うときは、薬の効能に注目して購入しましょう。

  1. ニキビ菌を減らす+炎症を抑える
  2. ニキビ菌を減らす+炎症を抑える+余分な皮脂を取り除く

大きく分けてこの2種類の薬が存在します。

①の薬は、大人ニキビにオススメ

②の薬は、思春期ニキビにオススメ

食事を見直してニキビを改善する

何を食べるか。何を食べないか。

私たちの体は食べたもので構成されています。

  • ニキビを改善したい人は、食べすぎに注意して
  • 野菜やタンパク質を意識して、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

「負荷のかからないダイエットをしている人は、肌が綺麗になる!」

よく聞く話ですよね、これは食べすぎによるダメージが減り、肌に栄養が良く届くようになっているからです。

[私はこれで治した]ニキビに効く食べ物ランキング5選今回はニキビに効く食べ物について紹介します。 私自身ニキビに8年以上悩み、なかなかニキビが治らない日々を過ごし...

生活習慣を見直してニキビを治す

ニキビを治すために薬を塗る!これも良いことだと思いますが

ニキビ改善に一番良い方法は、「生活習慣を見直すこと」これにつきます。

運動には

  • 血行を良くする
  • ストレス解消
  • 睡眠の質が上がる

などなどニキビにも健康にもメリットがいっぱいあります。

また不規則な生活を見直すことで、睡眠の質があがります!

運動不足はニキビの原因になるのか? 多くの人がニキビを治すには運動が効果的と言っていますが、決して運動不足が原因でニキビができるわけではないので、安心してください。...

肌を保湿してニキビを予防

肌を保湿することで、確実にニキビ予防に繋がります。

肌が乾燥していると、外的要因でニキビができてしまいます。

 

肌が乾燥しやすい人は、乳液などで肌をバリアをしてあげましょう。

また、こまめな水分補給も肌のバリア機能を高めてくれます。

夜に保湿をする人は、朝洗顔して一度肌をきれいにしてから、また保湿をしてあげましょう。

 

ストレス対策をしてニキビを予防

ニキビの原因として、一番怖いのがストレスだと紹介しました。

ですので、ストレス対策をしてあげることが何よりも重要!

(主なストレス対策)

  • 日常で何がストレスなのか記録する
  • 自然が豊かな場所での運動
  • ウォーキング
  • アロマ
  • ボーっとする時間を作る

などなど、ストレス対策の第一歩は「何にストレスを感じているのかを知ることです。」

そのあとは、自分に合ったストレス対策をしていきましょう。

お風呂がニキビ改善に向いている理由

お風呂がニキビ改善に効果的な理由1.睡眠の質が上がる

お風呂に入浴することで、「睡眠の質が上がります」

一度お風呂で体の深部まで温めることで、お風呂から出た後体の熱が、外に逃げることで生理的に「眠気が強くなる」

眠気が強くなることで、睡眠導入がスムーズに行えるので、なかなか寝付けなくて、睡眠の質が下がってしまうといったことが格段に減ります。

睡眠の質が上がることで、体の修復が進みニキビの治りが早くなる。

お風呂がニキビ改善に効果的な理由2.リラックス効果

現代人は心と体が休む暇がないほど、忙しいといいます。

(学校。習い事。仕事。勉強。SNS。Youtube。ゲーム。。。。)

これらが原因で心と体を休ませて上げることが困難になっています。

 

ですが、お風呂でボーっと入浴することで、日々の疲れから解放され、リラックスすることができます。

リラックスすることは、交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態にすることができ、体を休ませる状態にすることができます。

これもまた睡眠の質の向上につながり、結果的にニキビ改善に大いに貢献してくれます。

お風呂でニキビを改善する具体的な方法

気持ちよく入浴する

お風呂ではとにかくリラックスすることが大事です。

お湯の温度を38~40°に設定して、10~20分程度ゆったりと浸かりましょう。

お風呂では、TVやスマホなどは見ずにただボーっとリラックスしましょう。

ストレス対策や、血行改善、睡眠の質の向上など様々ニキビ改善に貢献する効果が期待できます。

寝る前の1~2時間前に入浴する

就寝時間の1~2時間前に入浴することで、睡眠の眠気がピークの状態で布団に入ることができます。

お風呂に入るのをきっかけに、ブルーライトなどを見ずにゆっくりとした時間を過ごすことが重要!

睡眠はニキビ改善に本当に大切な要素です。

睡眠時間よりも、睡眠の質を上げることを目指しましょう!

お風呂でニキビを悪化させる間違った入浴法

温度が高すぎる

ニキビが出来る原因の一つに、「肌の乾燥」があります。

肌の乾燥で気をつけなければいけないのが、シャワーの温度です。

 

初期設定の状態だと、シャワーの温度は40度〜41度に設定されていますが、これでは温度が少し高いです。

 

熱い温度に慣れてしまっているので、温度を下げるのに抵抗を感じるかもしれませんが、温度は40度以下に設定しましょう。

肌のバリア機能を低下させないためのファーストステップです。

洗浄力の強すぎる洗顔料を使用している

洗浄力の強い洗顔料を使用している人で、度々ニキビができてしまう人は、使用を控えましょう。

肌の乾燥の原因になり、乾燥した肌はいずれ硬くなり硬くなった肌はニキビの原因となる菌が増える最悪の状態を作り出してしまいます。

 

洗顔料以外にも、ゴシゴシと肌を洗うのは絶対にNG!!

洗顔が一番お肌にリスクがあるんですよ!

 

半身浴や長時間の入浴方法を実践している

半身浴や長時間の入浴はダイエットや健康に良い!というのは過去の話

実際には15分程度リラックして入浴するほうが、健康に良いとされています。

 

ニキビにも言える話で、半身浴や長時間の入浴は体内の水分を不必要に減らしてしまい

結果的に肌の乾燥を招きますので、控えましょう。

ニキビ肌の人にオススメの洗顔料

ニキビに効果が期待できる洗顔料は、

「皮脂の過剰分泌による、皮膚の詰まりを解消効果」「硬くなった皮膚を柔らかくする効果」

この2点をメインに、プラスアルファ肌に優しい成分というのが重要です。

 

科学的にニキビに効果ありとされている、「ノンコメドジェニックテスト済」の商品をメインに紹介していきます。

 



1.ノブ A アクネフォーム「思春期ニキビにオススメ」

ニキビの洗顔料に求める物が

「ニキビの原因となるアクネ菌の除去」「ニキビによる肌の炎症」この2だと思います。

 

こちらの商品には、アクネ菌を除去する効果グリチルリチン酸k2による肌の炎症を抑える効果のある成分が配合されています。

グリチルチリン酸k2とは?

速攻作用がなく、効果が現れるのに時間がかかりますが

その効能のおかげで副作用がなく、グリチルリチン酸k2によって肌が荒れることはないので、安全に使用することができる。

 

そしてニキビなどの皮膚の炎症や赤身を抑える効果があるので、ニキビによる赤みを抑え本来の肌色に戻すことができる。

多くのニキビ医薬品として使用されています。

同様に肌の炎症を抑える、オウバエキスも配合されていますので

思春期の肌の赤みを抑え、本来の状態に戻すことが出来ます。

 

  • オイルフリー
  • ノンコメドジェニックテスト済

この2つも保証されていますので、お肌に安心して使用することが可能!

様々な洗顔料を調べましたが、値段が1000円以下でこれだけ

安全かつ、ニキビに効果のある作用が配合されている商品は見つけられませんでした。

 

使用方法は朝と夜の洗顔に使用していただき、化粧水や乳液でしっかりと保湿してあげるだけ

2.ビオレ スキンケア「ニキビの出来始めにオススメ」

圧倒的コスパの良さ、安心して使えるビオレブランド!

成分もしっかりと、ノンコメドジェニックテスト済でしっかりとニキビ菌を殺菌してくれます。

ビオレの技術により、SPTと呼ばれる肌の潤いを保ちながらしっかりと洗浄することが可能。

ビオレのSPT技術とは?

洗顔がお肌にとって一番リスクのある行為ですが

ビオレのSPT技術は成分などを研究し、肌に優しい成分で構成することで安心して洗顔することを可能にしている。

思春期ニキビは大量に出来てしまいがちですが、まだ少量のニキビで赤みが少ない人にオススメなのがこちらのビオレ洗顔料になります。

3.エファクラ フォーミング クレンザー「高級洗顔料 大人にオススメ」

他の洗顔料と比較して値段が2000円と少し高めですが

値段が高い理由がしっかりとしてるので、安心して使用できます。

 

値段が高い理由

配合されている2つの成分がポイント!

サルチリン酸グリセリンこの2つが配合されています。

主な効果は毛穴詰まりや肌の角質が硬くなりがちな大人の方のために、皮膚を柔らかくする効果のあるサルチリン酸。

そして肌のバリア機能を高める、グリセリンがしっかりと肌を保湿する。

ニキビのできる理由に「思春期は皮脂の分泌量が増えること」と

「大人ニキビは肌の皮膚が硬くなること」が挙げられます。

こちらの洗顔料は、大人ニキビにもしっかりと効果のある成分が含まれていますので、しつこい大人ニキビに効果抜群!

同時に毛穴詰まりも解消してくれるので、一石二鳥!

 

ニキビ肌の人にオススメの化粧水

肌を洗顔した後は、保湿は絶対に必須!

化粧水を使用することで、あなたの肌に一体どんな嬉しいことが起こるかご存知だろうか?

 

多くの人は、肌の乾燥を一時的に防ぐというメリットで使用していると思う

だが化粧水にはそれ以外にも、「ニキビを治す」「肌を綺麗にする」などの素晴らしい成分が配合されている。

次に数多くの化粧水から、ニキビに効果のある商品をピックアップして紹介していきます。

1.メラノCC「ドラッグストアで買える!」

ビタミンCがお肌にプラスに働くのは、みなさん知っていると思います。

ですがビタミンCが非常に脆く壊れやすい、ビタミンであるというのもまた事実

読者の方には本当に、お肌に直接ビタミンCを塗って効果があるのか怪しいと思っている人もいると思います。

ですが、ロート製薬はビタミンCの専門家です。

ビタミンCのメリットである

  • ニキビの炎症を抑える
  • 毛穴詰まりの原因となる、皮脂の分泌を抑える
  • ニキビの原因となるアクネ菌の分泌を抑える

と言った効果を肌に届けるための配合をしているので、確実に効果を実感することが可能!

ビタミンCはニキビ予防と炎症を抑え、本来の肌を取り戻す効果があります。

その成分を1000円以下で得られるのは、かなりお得!!

2.ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

現在私が使用している、化粧水の紹介です。

値段が4000千円と値段が高めですが、それでも紹介したい商品になります!

 

化粧水としての、「保湿」という点では

グリセリンDPGと呼ばれる成分によりしっかり肌をバリアしてくれます。

グリセリンとDPGについては後ほど解説しますね

 

そして一番の特徴は、「ビタミンC」が従来の肌への吸収率の100倍もアップした

「APPS」と呼ばれる成分が配合されていること!

APPSとは

通常のビタミンCにプラスパルミチン酸を一緒に配合することで、肌への吸収率を上げる効果がある。

グリセリンとDPGとは

グリセリンは主に油分で構成されいて、DPGは油に水やアルコールを足して作られている

ニキビ肌の人は、肌が乾燥しがちなのでしっかりと油分でバリアしてあげることがニキビ予防に大切なので、これらの成分が役に立つ

こちらで毎日お肌をケアしてあげるだけで

  • 肌の黒ずみや炎症を抑え、美白に
  • つっぱりのない優しい肌に

ニキビ肌の人にオススメの乳液

化粧水がニキビに有効な成分を与えてくれるとしたら、

乳液は、肌をしっかりと保湿してバリアしてあげることが主な役割になります!

 

本音を話すと、乳液は肌に優しければなんでもOK

ニキビ改善を求めて乳液を選ぶのはオススメしません。

1.キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル

キュレル製品はとにかく肌に優しいことで有名です!

こちらはキュレルの中でも、皮脂トラブルにも効果があるタイプの商品です。

 

セラミドによる肌のバリア機能を保つ+機能を向上させることができます。

しっかりと保湿してあげることで、肌トラブルを防ぐことができますね

2.無印 乳液 高保湿タイプ

こちらの乳液は、値段が安いのが特徴ですが

しっかりと肌に優しい成分で構成されています。

 

乳液もベタベタしすぎず、サッパリとした使用感なので

保湿のしすぎでニキビができてしまう、といった悲劇を防ぐことが可能!

もちろん保湿効果もしっかりと期待できます!

お風呂でできるニキビ改善方法まとめ

現代だからこそ、リラックしてお風呂に入ることの重要性が見直されています。

お風呂でリラックスタイムを設けることで、自律神経を正常にし睡眠の質をグット上げることで、ニキビを改善しましょう!