2022年最高峰のゲーミングマウスはこちら CLICK!

[レビュー]ゲーミングチェア実はいらない説

こんにちはゲーム専門ブログ管理者のカリヤと申します。

最近はコロナやリモートワークの影響でこのようなお話を聞く機会が増えました。

・長時間椅子に座ってるから、腰や肩がつらい。

・昔よりも集中して仕事や趣味のゲームに取り組めなくなった。

この記事はこういった悩みを抱えていて、

かつ「ゲーミングチェアを使用していない」人限定に解決策をご紹介しています。

「昔の私も同じ悩みを抱えていました。」

現在のようにリモートでの仕事が主流になる前から、自宅で椅子に座って作業をすることが多かったのですが、

当時使用していた椅子といのが、安っぽいパイプ椅子のような物を使用していたんですね!!

そんな椅子で5時間以上は過ごすんですから、

肩は凝り固まり姿勢も悪くなり、お腹がぽっこりしだし夜は体が怠くてなかなか寝付けない。そんな状態が長いこと続いていたんですね。

そこで同じようなライフスタイルの人に、悩みを相談してみたとこと「それ椅子が原因でしょ、ゲーミングチェはコスパ最強だよ」って教えてもらい、速攻ゲーミングチェアに変えてから体の不調に悩まされていたことが嘘みたいになくなったんです。

<<現在体の不調を感じている人で、長時間椅子に座っている人!>>

今すぐ、コスパ最強のゲーミングチェアに買い換えたほうがいいです!

悪い椅子に座っていると、猫背になりやすく、肩や腰などに疲労が溜まり不調の原因となります。

最悪の結果、ブサイクになります。

ゲーミングチェアはいらないと感じている人も、一度ビッグカメラなどで試しに座ってみてください。

背筋が伸び、腰のクッションと首のクッションにより、疲労がかなり軽減されます。

目次

ゲーミングチェアは座っていても疲れないのか?

ゲーミングチェアでも座っていれば、疲れます。

そもそも人間が一番楽な姿勢とは、

  • 仰向けで寝ている時
  • 歩いている時

この2つが本来人間が疲れない姿勢です。

ではゲーミングチェアを購入したところで、疲れることには変わりないのか?と聞かれると話が変わってきます。

安い椅子とゲーミングチェアの疲れにくさは比べ物にならない

現在

子供の頃から使っている、椅子を使用していたり

Amazonの安いオフィスチェアを使用している場合

しっかりと作られたゲーミングチェアを使用すると、体感3倍以上は疲れにくさを実感できます。

にじさんじ 所属の人気ライバー「叶」さんもツイートしている通り

[安い]15000万円で買えるコスパ最強のゲーミングチェア

なぜゲーミングチェアは疲れにくのか?

他の椅子とゲーミングチェアの大きな違いは3つ

  1. 人工工学に基づいた設計
  2. 良質なクッション
  3. 体を包み込むような背もたれ

この3つの点が安い椅子よりもゲーミングチェアが優れている理由です。

オフィスチェアよりもデザインに優れている

多くの人が疑問に感じているのが、オフィスチェアとの違いです。

上記にあげた、

  • 人工工学に基づいた設計
  • 良質なクッション
  • 体を包み込むような背もたれ

この利点を備えた、オフィスチェアもあるといえばあるのですが、数が少なく。

デザインが単調な製品が多いです。

部屋のインテリアを考えたときに、ゲーミングチェアを購入する人は

ゲームとのコントラストが合う椅子を求めているはずです。

多くのゲーミングチェアは、

  • スタイリッシュ製品
  • カラーバリエーションが豊富
  • 可愛い製品もある

など、私たちゲーマーのニーズに答えてくれるような製品ばかりです。

部屋のインテリアから考える

ロジクールの製品でゲーミングデバイス を統一している人は、

「黒と青」を基調とした配色が良いですよね。

レイザーの製品でゲーミングデバイス を統一している人は、

「黒と緑」を基調とした配色が良いですよね。

また

女性らしい可愛い部屋でゲームをしている人は、

「白とピンク」を基調とした配色が良いですよね。

ゲーミングチェアはゲーマーの願望とも言える、秘密基地のような部屋作りに精通しているのが、良いポイントでもあります。

ゲーミングチェアがいらないよって人はどんな人?

そもそも椅子に座る時間が少ない

ゲーミングチェアの最大の特徴は「長時間座っても集中力が持続する」ことにありますが、

基本的に座るタイミングが少ない人や、集中して作業することが少ない人は、ゲーミングチェアを買うメリットはそこまでないと思います。

部屋が狭い、机が小さめ

ゲーミングチェアはお世辞にも、小さいとはいえません。

かなり大きいです。そこそこ部屋のゆとりがないと、部屋のデザインを崩してしまいます。

また、机が小さい人はゲーミングチェアの足が引っかかってしまう可能性があります。

部屋が狭く、机が小さい人は、ゲーミングチェアの購入を検討した方が良いですね。

逆にゲーミングチェアをオススメしたい人

一日の椅子に座っている時間が3時間を超える人

ゲーミングチェアの特徴は「集中力が持続する」という点です。

  1. ゲーム
  2. 勉強
  3. 仕事

このどれもが椅子に座って行う作業になりますよね?

それを安い椅子で続けると、上手く集中できずに

「ゲームの上達スピードが遅れる」

「勉強の能率が落ちる」

「作業の生産性が低下する」

などの時間に対して損失が大きく、また「健康リスク」が上がってしまうので

時間単位で考えると、ゲーミングチェアは集中力と健康のための投資だといえます。

ですので、一日3時間以上大切な作業がある人にオススメ!

ゲーミングデバイスを統一している人

これはゲーミングチェアのメリットと重複しますが、

せっかくゲーミングデバイスを統一しているのに、一番大きい椅子が残念だと部屋全体の統一感が崩れてしまいます。

ゲーマーこそ部屋のインテリアにはこだわりを!

それでは具体的にオススメのゲーミングチェアを紹介していきます。

オススメのゲーミングチェア

1.ハーマンミラーXロジクールGゲーミングチェア [¥214.225]

ビジネス界の虎とゲーム界の龍がコラボした最強のゲーミングチェア

<背骨の形に合わせて背もたれが調整可能>

<最強の理由がこちら>

なぜこのチェアにはヘッドレストが無いのですか?付け加えることはできますか?

エンボディ ゲーミング チェアの人間工学に基づいたデザインは、ヘッドレストが必要ないほどに進化しています。立っている時はヘッドレストが必要ありません。このチェアは立った状態と同じ姿勢を再現してくれるのです。

<商品購入はこちらから>

2.DXRacer[¥29.000]

世界中のゲーマーに愛されて使用されているゲーミングチェア

Amazon評価が1000以上ある中で、星4.4と高評価を得ているのが何よりの証拠

こちらのゲーミングチェアのレビューの中で素晴らしいレビューがあったので、一部抜粋させていただきます。

<​​座った瞬間に包み込まれる感じがして、思わず「いいわ〜」とつぶやいてしまいました。

私が重要視したのは、リクライニングでの仮眠や休憩よりも、PCでの作業のことです。

こういうタイプはリクライニングは良いのですが、作業するとなると「前かがみ」になる必要があったりして

せっかくの座り心地も、全く意味が成さなくなる時があります。

しかし、これはリクライニングを一番手前にすると

しっかりと背中と腰を支えてくれるので、とても作業がしやすいです。>

これを一言でまとめると、

作業に集中しやすく、そして休憩もしやすい。

なぜなら10cmの超高反発ウレタンを使用することで、座り心地を確保するとともに、

背もたれが通常よりも大きい設計なので、気持ちよくリラックスすることが可能。

Gtracing ¥15,130

いやいやゲーミングチェアにそこまでお金をかけられないよ

って人にオススメなのが、2万円以下で買える「Gtracing」がオススメ!

値段は安いですが、普通の椅子と比べれると

ハンドガンとヘビィーマシンガンぐらい違います。

スペックを見てみると

  • 高品質ウレタン採用
  • PUレザーの心地よい座り心地
  • 3D構造の背持たれ
  • ランバーサポートによる、腰への負担軽減
  • リラクニング機能も完璧

2万円以下でこれだけ優れているゲーミングチェアは他にないと思います。

ただ、、一つだけ残念な点が「クッションの厚み」が少し足りないことです。

ですがそこはしっかり、クッションの素材に「高品質ウレタン」を使用しているので安心して長時間のゲームプレイを楽しめます。

コスパ最強!!カラーでブルーを選ぶと2000円お得に購入できます!

部屋に合うよう、カラーバリエーションも豊富で

紫・赤・白・青・緑と好きな色を選ぶことが可能なのも、魅力の一つ

まとめ

ゲーミングチェアは人生の投資です。

長時間のデスク仕事で一番大切な資本の「健康」を害してしまっては、元も子もないですよね。

まだゲーミングチェアに抵抗感を持っている人は、比較的に安い1万5千円のGtracingから試してみるのをオススメします。

間違いなく効果が実感できます。

ハーマンミラーX214.225
DXRacer¥29.000
Gtracing¥15,130
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

世界でNO1ゲームの「リーグオブレジェンド」を日本でも広めたく、
攻略記事や初心者のナビゲーション記事を執筆しているkariyaと申します。

コメント

コメント一覧 (1件)

目次
閉じる