学習

記憶力を上げる方法と、簡単に覚える記憶術!もうバカとは言わせない!

「仕事や勉強で覚えたことを、すぐに忘れてしまう・・・」

私は記憶力が低いから仕方ないんだよ。

って諦めていませんか?

諦めるのはまだ早いですよ!
「記憶力は鍛えることは何歳からでも可能です」

今回は記憶力を上げる方法について紹介します。

記憶力を上げる方法を試す前の予備知識

そもそも脳はどのように記憶しているのか?

このプロセスを理解しなければ、記憶力を上げることは難しいので、まずは脳の記憶のプロセスを理解しましょう。

大切なのは「脳に重要な情報だと認識させること」

脳は普段の生活で、様々な情報にさらされています、その全てを記憶していたら脳がパンクしてしまうので、無意識に長期的に記憶する情報を取捨選択しているんです。

<具体的には>

重要だと思うこと⇨「ものすごく危険な体験は一度で覚える」

小さい頃自転車を、気持ちよくこいでいたら車に轢かれそうになった・・・

こういった情報は忘れることのない、記憶としてインプットされます。

記憶は脳に重要だと思わせれば勝ち!

そもそも脳に重要だと思わせるには?

方法は2つあります

  1. 「何度も登場させること」インプットの回数を増やす
  2. 「感情とセットで覚える」

㊀「何度も登場させる」

脳が毎日の情報の取捨選択のなかで、何度も記憶したい情報が登場すればするほど、「覚えなければいけない」と考えるようになります。

㊁「感情とセットで覚える」

記憶を司る海馬の近くに、感情を司る扁桃体が近くにあるので、感情が強く反応すればするほど、その体験は記憶に定着しやすくなる!

この時の感情は「好き」や「好奇心」といった感情が良いです。

まさに

学校の先生が、復習が大事といっていた理由がこれですね!

復習は記憶の定着としっかりと関係があり、家でしっかりとノートを開く習慣があった子供ほど、成績が良かったのは納得できますね。

<感情とセットで覚えることで>

勉強は全然覚えられられないけど、好きなゲームや趣味のことになると、細かい部分まで覚えることができている状態です。

記憶に定着させるには、「振り返ること」と「感情のスイッチを意識すること」が重要

定番の記憶力を上げる方法

1.記憶を定着させる仕組みを実践する

記憶の定着には「何度も登場させる」ことが大切!

何度も登場させるプロセスをめんどくさがってしまうと、どれだけ覚えたい!と願ってもすぐに忘れてしまいます。

何度も登場させるには?
  1. 予習
  2. 実際の学び(体験)
  3. 復習

誰でも知ってるこの3つの方法が大事

<具体的には>

  • 読書だと、どんな内容がかかれているのかを、目次ごとに予想してみる
  • 仕事では、どのように進行するのか仮説を立てる
  • 勉強では、次の授業で先生が教えてきそうな部分を予習する

実際の学習では、その場で「メモ」をとるか、「頭の中で整理する」して話を聴く

そして、必ず復習をする「しっかりとメモを振り返る」「頭で整理した内容を紙に書き出す」

誰でも知っている記憶のプロセスを守ることが大事

2.感情をセットで覚えることをクセにする

覚えたいことを「好きになる」もしくは「好奇心」を持つクセをつける

退屈な暗記作業を「めんどくさい」「やりたいくない」といった感情で取り組んでも、記憶は定着しにくいです。

逆にポジティブな感情で取り組むことで、脳が「覚えるモード」になり記憶の定着に有利に働きます。

感情のスイッチを入れる方法

感情のスイッチを入れる方法はすごく簡単です。

それは覚えたいことに対して「工夫」という作業をプラスしてあげることです。

<例えば>

  • 覚えていない英単語を、赤色の下敷きで隠しながら暗記するのも「工夫」ですよね。
  • ストップウォッチで時間を設けて、一気に集中して作業するなど
自分なりの工夫をすることで
「能動的」+「感情」のスイッチが機能して、覚えやすくなるよ!

日常でできる記憶力を上げる方法

㊀思い出すトレーニングをする

思い出すのって、疲れるし、めんどくさい!

確かに思い出す作業は、めんどくさい作業ですが

記憶は一気に覚えようとするより、時間を空けて覚えた方が記憶に残りやすいんです!

少し時間を空けて、勉強したことや体験したことを、思い出すという作業を当たり前にできるようになると、物忘れを防ぐことができます。

<一気に読み切った本や徹夜学習など>

一気に詰め込み学習をしても、大抵は1日もすれば忘れてしまいます。

これは覚えなきゃ!と思う内容を(学習や体験した場合)、スマホのタイマーを30~1時間にセットして、時間になったら頭の中で内容を思い出してみよう!

学生さんだったら、一限目の内容は、二限目の終わりに復讐してみると覚えやすくなります

一限目が終わった後の、休憩時間は内容をまとめるぐらいにしておくと、丁度よく記憶するための時間が生まれて、覚えやすくなります。

時間を空けて思い出す習慣を身につけましょう!

2.人に説明することを意識する

インプットした内容を友達に説明できるかな?

「誰かに説明する」という気持ちで、インプットをするようになると、最終的なゴールが覚えることではなく、誰かに教えることに変わります

誰かに教えるということは、

  • 内容を理解している。
  • 内容を整理して、わかりやすいように伝えれる状態である。

このように単純なインプットが、能動的なアウトプットに変わることで、インプットの質が高くなり結果的に記憶に定着しやすくなります。

頭が良くなる本の読み方紹介(アウトプットをみんなしていない??)今回は頭が良くなる本の読み方を紹介します。 「本を読めば頭が良くなる」は半分正解で半分不正解です、正確には頭が良くなる本の読み方を...

[ちょっとしたコツで]記憶力を上げる方法

㊀昼寝などの休憩を意識する

極論だけど、寝ないと記憶に定着しないんです!

学習したことや、体験したことは基本的に短期記憶に保存されます。

そして短期記憶に保存した内容は、「睡眠」をとることで長期記憶として定着するようになっているんです。

お酒を飲み過ぎると、「昨日の記憶がない!!」なんてことが起きますが、これは海馬の機能が麻痺してしまい、睡眠中に長期記憶に移行する回線がうまく機能していないからなんです。

しっかりと記憶に定着させたければ

  • 睡眠は7時間〜8時間はとること
  • 昼寝ができるなら15分ほどとること
  • 昼寝が難しければ、少しだけ目を閉じてボーッとする
やっぱり睡眠は大事!
午後に集中できない人にオススメの改善方法と、集中力が下がる原因4選 これは私の近々の問題でした、やる気だけで集中力を取り戻すことはできず、どうすれば良いのかと頭を悩ませていました。 みなさんも仕...

㊁シングルタスクで取り組む

「ながら」作業はNG

音楽聴きながら勉強していては、記憶の定着の妨げになります。

[あなたの脳が混乱しちゃう]

  • 勉強に集中しないの??
  • 音楽を楽しむ時間なの??

このように、脳は複数のことを同時にこなすのを苦手とします。(マルチタスク)

ですので可能な限りシングルタスクで集中できる環境を作りましょう。

※スマホとも距離を置くと、通知に気を取られなくて済むので物理的に距離を置くことが大事

音楽聴きながら仕事すると生産性が下がります!「メリットとデメリット」について詳しく紹介!リモートワークが増えると、家で気軽に仕事をできる時間が増えてくると思います。 そこで職場では音楽を聞いて仕事をしずらかったけど、家...

勉強は一番最初が一番大変

何かのスキルを習得するときは、一番最初が一番大変です。

その理由は、脳が「覚える仕組み」を理解していないからです。

記憶するという、「コツ」がわかっていないんだね

ですが仮に、一度「英語」を覚えてしまえば、似たような言語を覚えるのに使う時間を短縮することができます。

  • 英語に一年
  • 中国語に半年
  • 韓国語には3ヶ月

このように、記憶とは新しいスキルを覚えれば覚えるほど、時間を短縮することが可能になるんです。

大切なのは

「最初を乗り越えることができるか?」ということ

頑張りましょう!

オススメのオンライン学習サービスはこちら

1週間無料キャンペーンを実施中!

記憶力を上げる方法まとめ

<定番の方法>

  • (予習・実際に学ぶ・振り返り)この3つのプロセスが大事
  • 感情をセットにすると覚えやすくなる、「工夫」する!

<具体的な方法>

  • 時間を空けて、思い出すクセをつける
  • インプットは人に説明することを意識する

<記憶定着のコツ>

  • 睡眠を取る、昼寝できると良い!
  • マルチタスクはNG,シングルタスクで集中して取り組もう!
海馬を鍛える方法10選[記憶力・集中力UP]今回は海馬を鍛える方法について紹介します。 みなさんは物覚えが良い方でしょうか? 仕事を要領よくこなせるタイプの人でしょうか...