ゲーミングキーボード

[ゲーマーが選ぶ]銀軸キーボードおすすめ3選、最高速度のゲームを体感できる!

今回は、最高速度を体感できる
銀軸のキーボードの紹介になります。

定番の「赤・青・茶」の3つから彗星のように現れて、あっという間にゲーマの心取り込んだ

非常に評価の高い軸が「銀軸」(シルバー軸)になります。

 

銀軸の入力スピードは数値を見れば一目瞭然で、かなりソフトな打ち心地を体感することが可能!

それでは銀軸の具体的な数値や特徴を紹介していきます。

銀軸キーボードの特徴

打鍵感

打鍵感は赤軸に近い打ち心地です

スイッチ間は青軸と比べると少なく、力をいらなくてもキーが反応するので指に負担が少なく

ゲームやタイピングをすることが可能!

打鍵音

打鍵音は青軸のような「カッチカッチ」としっかりした音ではなく

スカスカといった、音は大きくないが少しうるさいかなぁ〜といった印象

 

銀軸は基本的にゲーム内VCや配信でノイズとして音が入ることはないと思いますので、安心ですね

作動点が短いので反応速度が良い

銀軸最大の特徴を一気に紹介します。

わかりやす定番軸の「赤・青・茶」と比較してみると

 

銀軸赤軸青軸茶軸
(作動力)40(作動力)45(作動力)50(作動力)45
(作動点)1.1mm(作動点)1.8mm(作動点)2.2mm(作動点)2mm

このように定番軸の中で一番「作動力」「作動点」両方の数値がかなり低いことがわかります。

特に作動点とはキーをどれだけ「指で押し込まないといけないか?」なのですが、青軸と比べると1mm以上も違いがあることがわかります。

 

ゲーム上で右に操作したいと思った時、脳みその次に指が反応しますが、指からキーボード入力を最大限早めることができるのが「銀軸」最大の特徴です!!

銀軸キーボードをおすすめしたい人

長時間キーボードを操作する人

銀軸は青軸や他の軸と比べても、キーを入力するのに力を必要としないので

単純に指が疲れにくいです。

 

これは非常に大切なことで、私は青軸を使っていますが結構指が疲れます・・・

銀軸はメカニカルキーボードの中でも非常に滑らかに指を滑らすように、タイピングやゲームを操作することが可能なので

長時間のゲームや、タイピング操作をするのに非常に優れています。

FPSやMOBAなどの一瞬の操作を求められるゲームをしている人

他の軸と比べても、やはりキーの入力が素早いので

コンマの移動が大切な「FPS」や「MOBA」などのゲームで有利にゲームを進めることができます

 

特にFPSでは壁際の、チラ見など素早い入力が求められるので

自分の反応速度を限りなく早く反映してくれる、銀軸はゲーマーにとって最高の使い心地ですね

[ゲーマーが選ぶ]銀軸キーボードおすすめ3選

銀軸は他の軸と比べても、種類が少なく比較的高価な商品が多いです。

3番目に紹介している、「Razer」は名所は銀軸ではありませんが銀軸と同じような才能のキーを採用しているから紹介させていただいています。

Corsair K65 RAPIDFIRE 

スペック

(amzon値段 )1.4419円 ※値段は変わります

  • テンキーレス
  • CHERRY MAX
  • Nキーロールオーバー
  • RGB
  • 日本語配列/英語配列
  • アルミニウム構造

Corsairといえばゲーミングキーボードで非常に有名ですが、その中でも一番といっても良いほど

人気の商品が「Corsair K65」になります。

 

テンキーがついていないので、仕事での使用は不便を感じますが

ゲームとなると、最高の使用感を感じることができます。

 

同じCherry社の赤軸と比べて銀軸は40%も早く入力が可能で、実際に比べてもみても

人肌で感じることができるほど、素早い入力が可能です。

製品自体も、アルミニウムで重量があり、長時間使用してもびくともしない安定感がありますね

K65を使うと他の製品に戻れなくなる

Ducky One 2 Mini

スペック

(amzon値段 )1.8600円 ※値段は変わります

  • テンキーレス
  • CHERRY MAX
  • Nキーロールオーバー
  • RGB
  • 英語配列
  • PS4可能

性能やデザイン性全てが最高評価なのですが、値段がめちゃめちゃ高いのがネックです。

銀軸がもともと高いのですが、それもでまぁ高いですね・・・

 

3段階に調整可能な調整式フットやコンパクトなサイズ感など、全てがゲームのおしやすさを追求しており

何よりもゲーミングデバイスでは珍しい、ホワイトカラーで非常にLEDの発光バリエーションが多いのがすばらしいですね。

 

銀軸のスピードもしっかりとお感じることができるのおで、お財布に余裕のある人は絶対に満足のいく商品です。

Razer Huntsman Tournament Edition

スペック

(amzon値段 )15.799円 ※値段は変わります

  • テンキーレス
  • Razer リニアオプティカルスイッチ
  • Nキーロールオーバー
  • RGB
  • 英語配列
  • PS4可能
  • アルミニウム構造

 

[box class=”box26″ title=”スペック”]

[/box]

※名称は銀軸ではありません。

大人気メーカー「Razer」シリーズのゲーミングキーボードですが

キースイッチが「独自開発のリニアオプティカルスイッチ」を搭載しており

銀軸リニアオプティカルスイッチ
(作動力)40(作動力)40
(作動点)1.1mm(作動点)1.0mm

 

銀軸とRazerスイッチを比べると、このように作動点はRazerの方が短いことがわかります。

 

ですので銀軸よりも、素早い入力が可能なのですね

(作り方・キーの構造など色々と比べると、体感速度は変わってきます)

 

Amazonレビューも驚異の102の評価で星が4.6

と非常に優れた商品だと証明されています。

 

打鍵音が少し大きいのがネックですが、それ以外は耐久性も1億回を超えていることから、さすがRazerだなと思わせる、そんな商品ですね

まとめ

<今回紹介したゲーミングキーボード>

 

 
Amazonでお得にショッピングする方法! Amazonギフト券のチャージタイプを使うことで、Amazonショッピングがお得に買い物できるんです!
  • コンビニ
  • ATM
  • ネットバンキング
このいずれかの方法で「現金チャージ」を利用することで、チャージした金額に応じてポイントが入手できます。

「普通にお買い物するようお得!」

チャージ額通常会員プライム会員
5000円〜0.5%1.0%
20000円1.0%1.5%
40000円1.5%2.0%
90000円2.0%2.5%
通常会員より、プライム会員になると「配送料無料+ポイントがUP」
最大で2.5%分のポイントがもらえる!
今だけ!
プライム会員の方にかぎり、1000円分のポイントが貰えます!
Amazonプライム会員はこちら Amazonギフト券の購入はこちら