健康法

サウナで得られる効果について「ダイエット・集中力UP・メンタル改善」現代人に嬉しい効果が沢山!

最近サウナに入る「ビジネスマン」や「若い女性」が増えてきているのをご存知でしょうか?

そこでこの記事では「サウナに入ることで得られる効果」についてまとめさせていただきした。

サウナの効果を知ってから入ることで、知らないで入るよりも「より高い効果」を得ることができますので、ぜひサウナに入る人はチェックしてみてください。

<本記事のサウナとは サウナと水風呂と外気浴の1セットを指します>

この記事をオススメの人
  • サウナに入る機会が増えたので効果について知っておきたい
  • サウナに興味があるので、どのような効果があるのか気になる
  • 実際に入る際の「入り方」や「マナー」について知りたい

早速サウナの効果について紹介していきます。

Contents
  1. <サウナの効果>女性には嬉しい「ダイエット」や「美肌」効果あり!
  2. <サウナの効果>勉強や仕事で生産性UP
  3. <サウナの効果>現代人に嬉しい「メンタル改善!」
  4. サウナの効果別に「どんな種類があるの??」
  5. サウナで得られる効果を最大限引き出す入り方
  6. サウナに入る際の「マナー」や「注意事項」について
  7. サウナで得られる効果まとめ

<サウナの効果>女性には嬉しい「ダイエット」や「美肌」効果あり!

1.代謝が上がり「消費エネルギーUP」

正確にはサウナに入ると「痩せやすい体に変化する」ということ!

 

なぜ痩せやすい体になるのか??

ポイントはサウナに入ることで、「甲状腺ホルモン」が増加することにあります。

 

この甲状腺ホルモンの役割が痩せやすい体に超重要!!

甲状腺ホルモンの役割
  • 全身の代謝の活性化
  • 交感神経の活性化

これらの役割によって、エネルギーの消費量が増え必然的に「ダイエット効果を得れる」

筋肉と同じように、甲状腺ホルモンが増加すると
エネルギー消費が増えるんだよ
16時間プチ断食の方法と素晴らしいメリットについて今回の記事は16時間プチ断食の方法について紹介します。 16時間プチ断食を一週間ほど続けたのですが、素晴らしく良い効果があ...

2.熱で温めることで「お肌のお手入れが可能」

「サウナに入るとお肌に悪影響がありそう・・」って思っていませんか?

これは全然間違っていて、サウナに入ると「紫外線によるダメージの修復」をしてくれるんですよ!

 

なぜサウナに入るだけで紫外線によるダメージを修復してくれるのか?

  1. 肌が熱くなると「HSP」と呼ばれる抗酸化作用の強いタンパク質が分泌されます
  2. HSPと呼ばれるたんぱく質は「細胞の修復」や「たんぱく質の分別」をしてくれる効果がある
  3. 重要なのが「傷ついた細胞の修復です」

 

簡単にまとめると、紫外線や活性化酸素によって傷ついた肌が

サウナに入るだけで「HSP」が分泌され、肌の修復をしてくれる。

 

日常生活で顔を温めるのは難しいので
サウナが効果的なんだね
体に良い果物ランキング!(ダイエット・メンタル・仕事)別にオススメ3選 「果物は、なんとなく体に良さそうだけど、糖質が含まれれているからダイエット中に食べると太ってしまいまそう・・・・」 多くの...

3.肌代謝が上がり「綺麗なお肌に」

サウナとお肌で嬉しい効果を考えると一番に出てくるのが「血流が良くなる」ことではないでしょうか?

実際にサウナに入ることで、血流が良くなります!

結果、血流が良くなることで「肌の新陳代謝が促進されます」

 

肌の新陳代謝が上がることで、正常な「ターンオーバー」に繋がり、綺麗な肌を維持するとができる!

サウナに入るだけで
「ダイエット・肌の修復」
そして肌をきれいにしてくれる!
HIITのやり方を紹介「ダイエット効果・気分UP」効果に期待大!!今回は今話題の「HIITのやり方」について紹介します。 「HIIT」とは高強度のインターバル運動のことです、短い時間で従来...

4.汗を流すことで「むくみが取れる」

現代人は非常に「むくみやすい」と言われていますよね

  • 仕事や家事で忙しい
  • 食事が偏りがち
  • 外食だと塩分が多い

こういった原因で体の水分が血流につまり、結果的にむくんでしまいます。

 

そこでサウナに入ることで、汗と一緒に「塩分」がしっかりと流れ

サウナを出るころにはむくみがとれてスッキリした状態に!

重要な仕事の前にサウナに入るだけでも効果あり!

5.睡眠の質が向上して「お肌がきれいに」

言わずもがな、肌や美容に一番大切なことは「睡眠の質を上げること」ですよね

後ほど紹介しますが「サウナに入ることで、劇的に睡眠の質が上がることが判明しています。」

最新の研究では75%の人がサウナに入ることで睡眠の質が上がったと答えているほど!

 

忙しい人ほどサウナに入ると、睡眠の質を上げてお肌の手入れをしてあげることが大切!

寝ている間にお肌の修復とターンオーバーが行われているよ
寝る前の読書をオススメする理由3選[読み方やオススメ本も紹介]こんにちはKariyaです。 今回は寝る前の読書の素晴らしさについて紹介します。 読書好きの人はいつでも本を読む習慣...

<サウナの効果>勉強や仕事で生産性UP

1.サウナで脳疲労が取れる

ビジネスマンや学生は常に「頭を使っていますよね」

そうして頑張っていると時々「頭が疲れているなぁ~」ってなりませんか?

こういった脳疲労をサウナに入ることで解消できるんです!

 

脳疲労の原因

脳疲労の70%以上は「なんとなくボーっと考えごとをしている時に発生しています」

意外ですよね!このぼんやりしている状態を「DMN」と呼びますが

逆に脳が集中している状態を「CEN」呼びます。

 

このDMNとCENはシーソーのようにどちらかが増えると、どちらかが下がるようにできています。

 

そこでサウナに入ることで、強制的に「集中した状態になるCEN」を増やすことで脳疲労の原因となるDMNを下げることができる!

このように脳疲労を軽減させ、集中しやすい脳を作ることが可能!

サウナの極限状態では脳はぼんやりとしている暇はなく、生存するために集中しなければならないので、CENが増えます

強制的にDMNを下げれるんだね

2.集中力がUP

脳疲労が軽減されれば、自然と集中力がUPしますが

ほかにもサウナに入ることで、「α波」が正常値に戻ることが判明しています。

α波(アルファ波)が正常値に戻ると
  • 森の中にいるようなリラックスした状態になることができます

この状態は非常に物事に集中しやすく、記憶力や想像力もUPすることができるので、仕事や勉強で大きな効果を発揮してくれる!

α波が正常値だと気持ちがいいんだよね
午後に集中できない人にオススメの改善方法と、集中力が下がる原因4選 これは私の近々の問題でした、やる気だけで集中力を取り戻すことはできず、どうすれば良いのかと頭を悩ませていました。 みなさんも仕...

3.ワーキングメモリが向上!「生産性UP」

ワーキングメモリとは、短期的に物事を記憶できる容量だと思ってください。

よく例えられるのが、「作業台の広さ」です。広いほうが色々とできるから良いよね~って言われています。

 

つまりワーキングメモリを鍛えることで、仕事や勉強のスピードと生産性が向上するんですね

 

ではなぜサウナに入るとワーキングメモリが向上するのでしょうか?

実は先ほども紹介した、α波が正常値に戻ることで鍛えることが可能なんです。

 

凄いですよねー、「うん。サウナーやべーー」

4.頭がすっきりして「昼のうとうとがなくなる」

お昼ごろになると急に「集中力が下がる」って人は多いと思います。

このお昼ごろになると、うとうとしてしまう原因は

  • ランチで血糖値が上昇したから
  • δ波(デルタ波)が増えている

これらが要因であり、サウナはこの両方にアプローチが可能なため、お昼の辛い時間帯もパフォーマンスを落とすことなく、仕事や勉強が可能!

 

特に血糖値に関しては、インスリンの感受性を下げてくれるので糖尿病や糖尿病予備軍の人は、とくに効果が大きい!

コーヒを飲むことで集中力が高まる!具体的な方法を解説 皆さんコーヒーを飲むと目が覚めて 「仕事」や「勉強」するさいの集中力が上がるって聞いたことありませんか? 実...

<サウナの効果>現代人に嬉しい「メンタル改善!」

1.α波によって落ち着きを取り戻す

イライラしてしまうことや、落ち込んでしまうことは、誰にだって起きてしまう気持ちの変化です。

ですが大切なのは、感情に流されることなく自分をコントロールすることですよね

そこでサウナで得られる「α波の正常化」が特に効果的です。

α波で得られる

  • リラックス効果
  • メンタルの安定

などの効果をサウナで得ることで、メンタルを安定させることが可能!

普段怒りっぽい人は、サウナでリラックス!

2.睡眠の質が向上することでメンタルが安定する

睡眠の質を左右する2つの状態を

  • レム睡眠(眠りが浅い)
  • ノンレム睡眠(眠りが深い)

と呼びますが、サウナに入ることで最初に訪れる「ノンレム睡眠」の質が役2倍になることが、筆者の実験で判明しています。

基本的にレム睡眠とノンレム睡眠はバランスが大事ですが、最初のノンレム睡眠は長い方が睡眠の質が良いので、これは非常に素晴らしいデーター

逆にノンレム睡眠を増やそうと思い、睡眠時間を増やしても意味がありません。

ただサウナに入るだけで、45分のノンレム睡眠が90分まで伸びるのならサウナに入るメリットは非常に大きいことが分かります。

 

睡眠不足はメンタルに悪影響があり、他にも痩せにくい体になるなど様々なデメリットがありますので、サウナで睡眠の質が改善するのなら行くべきなのでしょう。

現代人は寝ることも仕事の一つ!!
なんて言われているぐらい睡眠の質が向上するのは重要なこと

3.自律神経が鍛えられるので感情に流されにくくなる

自律神経には

  1. 交感神経<仕事や勉強では優位に働く>
  2. 副交感神経<リラックスしたい時に優位に働く>

この2つがあります 

現代人は1番目の「交感神経」が優位の状態が長く続いています。

  • 「会社仕事を家に持ち込む」
  • 「不安やストレスが止まらない」

このような要員で交感神経が続くと、体がいつまでも心も体も興奮してしまい、結果的に体を休ませたい時に、休ませられない。

 

そこでサウナで「交感神経」と「副交感神経」のスイッチを強制的に入れ替えることで

交感神経のスイッチが鍛えられ、日常生活でも「働くときは交感神経」に「リラックスするときは副交感神経に」スムーズに変えられるようになります。

 

なぜサウナに入ると、自律神経が鍛えられるのか?
  • サウナと水風呂で「交感神経優位」になり
  • 外気浴で「副交感神経」を優位にする

「サウナ」→「水風呂」→「外気浴」のセットだからこそできる方法になります。

サウナは「水風呂と外気浴」も重要!

 

実は自宅でも、自律神経を鍛えることが可能!

冷水シャワーの簡単なやり方を紹介!毎日の習慣で健康で綺麗な体を手に入れる!毎日のシャワーで健康になるのなら? 昔から美容法や健康法として注目されていた 冷水シャワーについてご存知でしょうか? ...

サウナの効果別に「どんな種類があるの??」

1.ドライサウナ

ドライサウナは日本に一番多く、その特徴は

  • 室温が高く「90~110°」
  • 湿度が低い

この2つが主な特徴になります。

メリットは短時間で体を熱く出来ますが、

デメリットが大きく

皮膚や目の乾燥を引き起こしてしまうことがある。

2.ウェットサウナ

ドライサウナと違い

  • 室温が比較的低く「80~90°」
  • 湿度が高い

 

湿度が高いので安心してサウナに入ることが可能

他にも様々なウェットサウナがあるので紹介していきます。

3.ミストサウナ

ミストサウナはプールの近くなどに設置されていることが多い気がします。

特徴には

  • 室温が「50~60°」とそこまで高くなく
  • 暑いのが苦手な人でも入りやすい

ミストが出ているので、気持ちよくサウナを利用できます

4.塩サウナ

塩サウナは皮膚に塩を塗ることで、汗を出やすくする効果があります。

サウナの室温も50°ぐらいで、気持ちよく汗を流したい人にオススメ

 

塩サウナを独学でやるのは難しく、間違ったやり方をすると肌に負担が大きいので辞めておきましょう

サウナで得られる効果を最大限引き出す入り方

基本的にサウナの入り方には

  • サウナ
  • 水風呂
  • 外気浴

この3つの手順を3回〜5回ローテーションするのがメジャーです。

<若返り効果あり!>サウナの効果を高める水風呂の入り方近年健康ブームが再来しつつあるのを感じているどうもカリヤです。 今回はそんな健康法の一つでもある「サウナ」と「水風呂」の入り方につ...

1.それぞれのオススメ時間

  1. サウナは5分〜10分を目安に、背中が熱くなってきたらOK
  2. 水風呂は30秒〜1分を目安に、息がスースーしてきたらOK
  3. 外気浴は5分〜10分を目安に「外気浴でととのうを感じられる」

 

この3つを無理のない範囲で、3〜5回繰り返しましょう。

サウナ⇨水風呂⇨外気浴の移動時間を短くするのが重要!

2.サウナ質の温度について

サウナは上の方が熱く、下になるにつれ温度が低くなります。

大切なのは体全身が温まることなので、オススメの座り方は「あぐら」

 

ポイントは、入り口付近に座ること

本場のフィンランドでは「横になってサウナに入ることが多いそうです。」

3.乾燥が気になる人にオススメ

サウナで乾燥が気になる人は多いと思います。

できればドライサウナではなく、ウェットサウナを利用したいところですが、日本はドライサウナが多いので、なかなか見つかりません。

 

そんな時にオススメなのが

  1. ストーブから離れること
  2. 人が多い場合はストーブに背を向けて座ることで「顔を守る」こと

この2つのポイントを抑えることで、乾燥をある程度防ぐことができます。

4.水風呂が苦手な人にオススメの入り方

サウナを利用する際は、水風呂も大事な要素なのでしっかりと利用したいところです。

ですが水風呂に苦手意識を持っている人は多いですよね

そこで少しでも楽に入る方法を紹介します。

  1. 息を止めないこと!
  2. 体を丸めるようにして入ること
  3. それでも辛い人は両手を水から出す

 

この3つを意識して、息がスースーする状態まできたら出るタイミング!

5.外気浴でととのう為には?

サウナに入ったら、外気浴を絶対に入れましょう。

(熱い+冷たい=交感神経優位)の状態から

外気浴で気持ちよく休むことで副交感神経優位にして、リラックスすることができます。

 

外気浴のポイント

  • なるべく横になる
  • 水風呂を出たら早いうちに外気浴をする

この2つが重要!!「ととのう」を感じれる時間は水風呂をでてから2分です、急ぎましょうw

サウナに入る際の「マナー」や「注意事項」について

1.体を綺麗にしてから入る

サウナに入る前に体を洗いましょう。

汗が出るので匂いがキツイと、サウナに臭い匂いが蔓延します

 

水風呂に入る前も、シャワーで汗を流してから入りましょう

2.水分を補給する

水分はこまめに摂取しましょう

水分補給を怠ると、サウナで気持ちが悪くなることがあります。

3.サウナ湿で汗を飛ばさない

時々サウナで汗を飛ばす人がいます「絶対に辞めておきましょう」

他人の汗が飛んできて嬉しい人はいません

 

サウナ室から出る際も、汗が他の利用者に落ちないよう注意してゆっくり出ましょう

4.サウナ質に水分を持ち込まない

水分とはペットボトルとかではなく、体に付着した水分や濡れたタオルのことを指します。

  • サウナに入る際は、体を拭いて
  • びしょびしょのタオルを持ち込まないように!

サウナ室をびしょびしょにするのはマナー違反

5.水風呂は静かに

水風呂はついつい勢いよく入ってしまいがちですが、静かに入りましょう

水風呂でリラックスしている人も多くいます、「入るとき」「出るとき」は静かにを心がけると、みんなが気持ちよく利用できます。

サウナで得られる効果まとめ

最後にサウナで得られる効果をまとめて、終わりたいと思います。

  1. 代謝が上がり痩せやすい体になる
  2. HSPによって肌が綺麗になる
  3. 脳疲労が取れて集中力が上がる
  4. α波によってワーキングメモリが向上
  5. 自律神経が鍛えられメンタルの改善
  6. 睡眠の質が向上する

 

サウナはお年寄りのかたから、女性やビジネスマンにも嬉しい効果がたくさんあります。

ぜひ時間を作って利用してみ効果を実感してください!

 

サウナの効果についてもっと知りたい人にオススメの一冊

 
Amazonでお得にショッピングする方法! Amazonギフト券のチャージタイプを使うことで、Amazonショッピングがお得に買い物できるんです!
  • コンビニ
  • ATM
  • ネットバンキング
このいずれかの方法で「現金チャージ」を利用することで、チャージした金額に応じてポイントが入手できます。

「普通にお買い物するようお得!」

チャージ額通常会員プライム会員
5000円〜0.5%1.0%
20000円1.0%1.5%
40000円1.5%2.0%
90000円2.0%2.5%
通常会員より、プライム会員になると「配送料無料+ポイントがUP」
最大で2.5%分のポイントがもらえる!
今だけ!
プライム会員の方にかぎり、1000円分のポイントが貰えます!
Amazonプライム会員はこちら Amazonギフト券の購入はこちら